2020/06/27 13:10

「形ないものを見る」名谷南会館 親子合氣道教室 令和2年6月26日

Fotor_159322586163486.jpg

Fotor_159322580434079.jpg

Fotor_159322655505046.jpg

日々のお稽古

「形のないものを見る」

 

令和2年6月26日 金曜日

神戸市須磨区 名谷南会館2F和室

氣と呼吸法教室 13:45~15:00

親子合氣道教室 16:45~17:45

 

本日の親子合氣道教室も熱心な親子のお弟子さんが、お稽古に来られました。

 

まだ未就学児の子どもでも、氣を出すことにより持てる力を存分に発揮出来るようになります。

 

氣を出すには?

氣が出る姿勢が大変重要です。

 

前の呼吸法教室に引き続き、親子合氣道教室でも姿勢が大切です。

 

姿勢が乱れていては、氣を出すことは出来ません。

 

姿勢の乱れは、心の乱れであり、

心の乱れは、姿勢の乱れです。

 

今日は、あぐら姿の正しい姿勢になり、前から肩辺りをじわりと押してもらいます。

 

あぐら姿で重要なことは、両膝の先端を結んだ中心の床辺りに、全身の重みが掛かるように座ります。

 

この全身の重みが掛かるところが、あぐら姿の臍下の一点です。

 

重みが下にあるので、自然と上半身に余計な力がかかりません。

 

これが「力を抜く」であり、

決して「力が抜ける」ではありません。

 

力は抜かねばなりません。

 

相手の手が肩に触れたとき、そっと相手の肘から手首の中間辺りに手を下から添えます。

 

相手が押してきたとき、決してその力と争わず、添えた手を通して相手の力を相手に返していきます。

 

下から添えた手で相手の力を止めようなどと一瞬でも思うと、たちまち相手の力を受けひっくり返されてしまいます。

 

相手に好きなだけ押させて相手の力を受けない

 

これが「争わざるの理」です。

 

ここでも姿勢が重要です。

 

下から添えた手の肘辺りに腕の重みを置きます。

 

そうすることで、上半身に余計な力がかからなくなり盤石の姿勢ができあがります。

 

小さい子どもには、少しずつ押してやり出来たときには、思いっきり褒めてあげましょう!

 

そうすることで、自分に少しずつ自信が持てるようになります。

 

姿勢という形あるものと、

一方で心という形ないもの

その両方が同じ方向を向き、同時に使えてこそ持てる力を存分に発揮することが出来ます。

 

難しく聞こえるかも知れませんが、決して難しいことではありません。

 

本来、心と身体は一つのものです。

 

自分自身に、どこまでが身体で、どこまでが心か?という区別はないのですから。

 

心身一如は誰にでも出きるものです。

 

 

合氣道琴心館寺崎道場

師範 寺崎秀行

 

 

 

2020/06/11 18:30

「氣が通うということ」 水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 令和2年6月10日

「何故、挨拶はしなければならない?」  水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 令和2年6月10日

IMG_20200611_182057.jpg

 

IMG_20200611_180806.jpg

Fotor_159186639305780.jpg

 

日々の稽古

 

「氣が通うということ」

水曜日 上沢教室
少年部17:45~18:45
大人の部19:00~20:30

 

少年部

 

コロナ禍による

緊急事態宣言も解除になり、少しずつ子どもたちも道場に復帰してきました。

 

手指の消毒、マスクの着用、換氣等、道場において出来る事を徹底し、稽古を継続しています。

 

近畿地方も梅雨に入り、蒸し暑い中でのマスク着用しての稽古は、指導者の私でさえエネルギーを消耗します。

 

また、熱中症のリスクも上がりますので、こまめな水分補給とマスクを外しての休息に特に氣を配らねばなりません。

 

 

今日は子どもたちに

「何故、挨拶をしなければならないのか?」という話をしました。

 

皆、「挨拶をしなさい」と親、学校の先生方から何度も聞いている。

 

だから、何となくしなければいけないことなのかな?

 

こう思っている子どもたちも多いでしょう。

 

大人でもけっこういるのではないでしょうか?

 

 

しなさい ではなく、

 

何故しなければならないのか? を教えてあげなければなりません。

 

意味が明確になれば、心から出来るようになります。

 

HOW TO SAY  ではなく HOW TO DO を教え、学ぶ事が大切です。

 

挨拶をするということは、

〝あなたがそこに居ることを認めてますよ〞

「氣が通う」ということです。

 

 

ということは、挨拶をしないということは、

 

その人の存在を無視することになり、人間関係のもつれの原因になり、氣が通っていないことになります。

 

 

また、相手よりも先に挨拶することです。

 

相手に先に挨拶された後に、挨拶しても、それはただの返事にしかなりません。

 

 

インターネットで買い物出来るのも、宅配業者がトラックで自宅まで運んでくれる道路があるからです。

 

同じように、何事においても、氣が通わないと成功しません。

 

そして、もつ一つ、「氣が通う」ということは、心と身体が同じ方向を向いていることです。

 

そこで、立ち姿で前から押す、立ち姿の統一の稽古をして心と身体が同じ方向を向いている状態と、そうでない状態との違いを確認しました。

 

心と身体が同じ方向を向いている。すなわち、心身一如の状態では少々、子どもたちの肩辺りを押しても盤石でよろめきません。

 

 

反対に顔だけ違う方向を向いたとき、同じように押したら簡単に後方によろめきます。

 

 

安定した身体の状態が安定した心の状態であり、不安定な身体の状態が不安定な心の状態であります。

 

 

挨拶をするときには、相手よりも先に、相手の方に心と身体を向け元氣良くしましょう!

 

 

以前にも数回、同じように稽古の中で指導してますが、ややもすると忘れがちになります。

 

 

「人を教えるとは忍耐だ」と

 

師匠である琴心館館長 琴地先生は事ある毎に教えてくださいました。

 

 

子どもたちの潜在意識にしっかりと入るまで、根氣よく何度も同じことを続けることだと思います。

 

 

本日のお稽古内容

 

立ち姿の統一

胸突き回転投げ

両手取り天地投げ

相半身片手取り四方投げ

呼吸法

 

 

 

大人の部 

本日のお稽古内容

 

一人技

二教技、三教技、小手おろし技、前進後進技

 

組技

肩取り二教 入身

 

呼吸法

 

 

合氣道琴心館寺崎道場
師範 寺崎秀行

 

2020/06/03 08:27

日曜子ども合氣道 ヨークカルチャー加古川は6月14日 日曜日から再開します。

ヨークカルチャー加古川

日曜子ども合氣道

6/14日曜日より再開いたします。

2020/06/01 08:10

須磨区 高倉台 氣と呼吸法教室 新規開設しました。

高倉台 氣と呼吸法教室

神戸市須磨区高倉台5-1-83

第一、三土曜日 午前10:30~11:30

 

合氣道琴心館寺崎道場 助教

石井ひろ子先生が担当します。

2020/06/01 08:05

名谷南会館 氣と呼吸法 木曜教室は6/18より再開します。

名谷南会館 氣と呼吸法 木曜教室

第一、三木曜日10:45~12:00

6/18木曜日より再開します。