2020/02/16 18:05

「不動心・不動体」金曜日 名谷南会館 氣と呼吸法教室・親子合氣道 2/14.2020

「不動心、不動体」金曜日 名谷南会館 氣と呼吸法教室・親子合氣道 2/14.2020

IMG_20200216_222314.jpg

IMG_20200216_222101.jpg

IMG_20200216_222650.jpg

 

 

日々の稽古

 

「不動心、不動体」

 

名谷南会館2階和室  

氣と呼吸法教室  13:45~15:00

親子合氣道  16:45~17:45

 

 

 

 

氣と呼吸法教室、お一人お休みでした。

 

 

 

 

今日は、柔軟体操、統一の印の後、助教に前で、呼吸法の拍子木を打たせました。

 

 

 

 

様々なレベルの方々の呼吸の様子をみながら、吐く時間、吸う時間を見計らいながら、調子をとります。

 

 

 

 

早すぎてもいけない、遅すぎてもいけない。 

 

 

 

 

今日の訓話は不動心、不動体についてです。

 

 

 

 

数字の1を1/2、1/2と小さくしていってもゼロにはならない。

 

 

 

 

心を静めていってもゼロにはならないが、 限りなくゼロに近づけることはできる。

 

 

 

 

この状態が静止である。

 

 

 

 

静止と停止には大きな違いがある。

 

 

 

 

あまりに早く物が回転すると止まっているように見える。

 

 

 

 

独楽が激しく回っているとき、芯は止まっているかのよう見えるが、その周囲はものすごく回転している。

 

 

 

 

また、大きな台風の雲は激しく巻きながら動いているが、中心の台風の目の中は非常に静かである。

 

 

 

 

この状態が、動中の静である。

 

 

 

 

真の不動心とは、動かざる心ではなく、

 

 

 

 

あまりにも激しく動いている時、心は無限に静まっていく状態、動中の静の状態である。

 

 

 

 

これを学んでいく修行法が、集中法、拡大法であり、 呼吸法と統一の印もまた、不動心・不動体を学んでいる。

 

 

 

 

天地に心を委ねて、すぐに応じられる心、いつでも動ける心と身体でないといけない。

 

 

 

 

人の前に立ち、指導する者は、その場を仕切ってしまわないといけない。

 

 

 

場を主宰する、ということ。

 

 

 

 

不動心、不動体ができていないと、それはできない。

 

 

 

変化を感じ取れなければならない。

 

 

 

 

例えば、初心者の人が、戸惑っていたり、困っていたりすれば、それを感じ取り、手を取り足を取り教えてあげる。

 

 

 

 

目には見えない積み重ねが重要である。

 

 

 

 

統一の印

 

 

呼吸法45分

 

 

 

 

親子合氣道  16:45~17:45

 

 

今日はお休みが多かったです。

 

 

 

 

演武会でする技から離れて、初めての技に挑戦です。

 

 

 

 

今日の組稽古

 

 

二人技四方投げ

 

片手取り四方投げ入り身、楷書、行書

 

 

 

 

楽しみながらやりました。

 

 

 

 

少年部・親子合氣道のご指導者は、引き出しがいっぱいあって、変化があって、楽しませなくてはいけない。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

2020/02/13 12:56

「氣迫」水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 2/12.2020

「氣迫」水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 2/12.2020

IMG_20200214_070002.jpg

IMG_20200214_070333.jpg

 

日々の稽古

 

 

 「氣迫」

 

水曜日 上沢教室

少年部  17:45~18:45

大人の部  19:00~20:30

 

 

 

 

少年部

 

 

今日も演武会でする技をお稽古しました。

 

正面打ち切り返し

 

正面打ち小手下ろし

 

正面打ち一教

 

正面打ち呼吸投げ

 

 

 

 

最初の礼!から、柔軟体操、合氣体操、組み技の稽古が始まるまで、前で担当させて頂いています。 

 

 

 

 

寺崎師範からは、

臍下の一点からの声が足らない! と

お叱りを受けます。 

 

 

 

 

前に立つものは道場を主宰しなければならない!

思い通りに道場全体を操らねばならない!

 

 

もっともっと臍下の一点から、

ワーッと氣を出し、 道場を包み込み、

そこにいる人たちをも包み込む。

 

 

 

 

そこに立つだけで、氣迫を感じ、空氣が締まる。

 

 

 

それぐらいの氣迫が必要だ!と

ご指導いただきます。

 

 

 

 

まだまだ、まだまだ、足りない。

自覚して前進します。

 

 

 

 

大人の部

 

 

今日は4級審査に 1名合格されました。

おめでとうございます🎉

 

 

 

 

5級4級の 独り技を、2人組になって統一体を確認しながら行いました。

 

 

 

 

組み技は5級の

片手交差取り呼吸投げ 

片手取り転換呼吸投げ

 

 

 

 

その後は各自の 昇級昇段に向けての組み技の稽古をしました。

 

 

 

 

合氣道琴心館本部道場から

寺崎師範の良きご道友のMさんも

ご指導に来てくださり、感謝でした。

 

 

ありがとうございました🙇

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場

助教 石井ひろ子

2020/02/13 12:51

「氣を通わせる!」月曜日 鈴蘭台教室 少年部・大人の部 2/10.2020

「氣を通わせる!」月曜日 鈴蘭台教室 少年部・大人の部 2/10.2020

 IMG_20200214_064445.jpg

 IMG_20200214_064025.jpg

 

 

日々の稽古

 

 

「氣を通わせる!」

 

鈴蘭台教室 

少年部 18:00~19:00

大人の部 19:00~20:30

 

 

 

 

少年部

 

 

子どもたちは全員元氣に出席でした。

 

 

 

 

稽古の始めにする、合氣体操を前で担当させていただきました。

 

 

 

 

いつもとは異なった視点で、

その様子を見ておられた

寺崎師範が、お稽古の初めに 

 

 

 

何故、合氣体操をするのか?を

説いて下さいました。

 

合氣体操はすべて合氣道の技の基本です。

 

 

 

 

これがおざなりになっていると、

技で活かすことはできません。 

 

 

 

 

今日は合氣体操の後半にある、

後ろ手首取り前方投げの、身体の動きを重点的に検証しました。

 

 

 

 

何故、この動きになるのか?

正しい体操の形をご指導いただきました。

 

 

 

 

そして技につなげてお稽古しました。

 

 

 

 

前で合氣体操をさせていただくとき、

臍下の一点から声を出し、

氣を出してやるのはもちろんですが、

正しい形でしなくてはいけない事を学んでいます。

 

 

 

 

本日の稽古

 

 

後ろ手首取り前方投げ

後ろ手首取り一教

 

 

 

 

大人の部

 

 

今日のお稽古は、剣技です。

 

 

 

 

まだ、剣に触れて間もないお弟子さんでしたので、

 

 

 

 

剣の持ち方から、

正眼の構え、

上段の構え、

号令1と2までを、じっくり時間をかけて、

お稽古しました。

 

 

 

 

剣・杖・短刀は何のために習うのか?

 

 

 

 

それは日常で氣を途切らせない事を学ぶため、と

 

 

 

 

物を持ったとき、

そのものにまで、

氣を通わせることを身につけ、

それを日常に活かすためです。

 

 

 

台所で包丁を持って料理をするとき、

その包丁の先まで氣が通わねばならない!

 

 

 

字を書くとき、筆、鉛筆、ボールペンの先まで氣が通わねばならない!

 

 

 

 

何か、物を取りに行く時も不用意には取りに行かない。

 

 

 

 

手の先から氣を出して、

そこに氣を向けて、取りに行くと、

物にも氣が通う。 

 

 

 

 

氣が通うから、そのものと一体化になれる。

一体になれるから、そのものを思い通りに操ることが出来る。

 

 

 

それは、人でも同じこと。

 

 

 

 

その人と一体になるから、自分の思った方向に導くことが出来ます。

 

 

 

氣を通わせる❗ことが肝要です。

 

 

 

剣や短刀を習うとき、木刀を真剣と思い、

 

 

 

 

刃は切れると認識し、

刃の部分には触れないように、

真剣に稽古する。

 

 

 

 

それを積み重ねると、

真剣を目の前にした、

いざというとき、

 

 

 

 

落ち着いて、木刀と思って対処できます。

 

 

 

 

相手は待ってはくれません。

 

 

 

 

また、剣・杖・短刀は 手の延長 と考えると、先まで氣が通います。 

 

 

 

 

チャンスは一度しかない!

 

 

一度聞いたことは、

二度と聞くことはできない!と

強く認識し、真剣に稽古していきます。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場  

助教  石井ひろ子

 

2020/02/11 11:58

「貴重な時間」 指導者育成 特別稽古 神戸常盤アリーナ 2/10.2020

 

 

 

 

日々の稽古

 

 

「貴重な時間」

 

指導者育成特別稽古 

 

神戸常盤アリーナ柔道場

 14:00~16:30

 

 

 

今日は、剣技1、杖技1、初段五種の特別稽古をしていただきました。

 

 

 

 

剣技1

 

 

統一体で立つ。

 

 

 

 

左手で、剣の刃の部分に手を触れぬように、床とほぼ平行になるように剣を持ち、浅く礼をする。

 

 

 

 

右足を出しながら、正眼に構える。

統一体で構えると切っ先がピタリと、静止する。

 

 

 

 

次に上段に構える。

 上半身の力を抜き、重みを肘に置く。

 

 

小指と薬指で柄を握った左手が、額辺りの高さで拳一つ分空けて構える。

 

 

右手は添える程度にふわっと持つ。

 

 

 

 

氣を出し「イチッ!」

 

号令が先行し、前傾姿勢で、束の先を臍下の一点に引き寄せるように、剣を振り下ろす。

 

上で手を放し、下で持つ感じで振り下ろす。

 

 

 

 

仙骨を立て、腕が伸びすぎないようにする。

 

へっぴり腰では統一体が崩れている。

 

 

 

 

この時、左手の小指と薬指で、剣の柄の先を握ることが大事。

 

 

 

 

あとの指は支えるだけで、強く握らない。

剣の重みで、振り下ろす。

 

 

 

 

振り下ろすときも、方向を変えるときも、剣を強く握らず、

 

ふわーっと持ち、手首を柔らかく使う。

 

 

 

 

常に、臍下の一点に心を静め、氣を出す。

 

 

 

 

「ニィッ!」号令が先行し、

 

 

 

 

体が伸び上がると同時に、 左足を出しながら、

  

出した足と同じ方向に抦を向け

(この場合左)、前に氣を出し、

氣で突く。

 

 

 

 

手首を柔らかく使い、右手が被さる形になる。

 

 

 

 

「サンッ!」で、剣先を置いたまま、体の方向を変え、

1と同様に振り下ろす。

 

 

 

 

8の号令まで方向を変えて、同じ動きをする。

 

 

 

 

一人技の八方技同様に、前の事は忘れて、

 

向く方向に、心と身体を集中して、

 

統一体で振らなければならない。

 

 

 

 

9、10は斜め左方向に少し左足を出し剣を振り下ろし、

 

11、12は、足の形はそのまま膝を柔らかく使い、

 

真後ろに方向を変え、同様に振り下ろす。

 

 

 

 

100%心と身体を向けないと、

 

統一体が崩れ、ふらついてしまう。

 

 

 

 

12で、右足が前に出ている。

 

柄を左肩に寄せると同時に右足を引き寄せる。

 

 

 

 

右足を大きく一歩前に出し、

 

邪気を払うように、

 

氣で剣を前に振り出したあと、

 

床と平行に一周半回り正面を向く。

 

 

 

 

この時右足が前に出ている。

 

刃は床と平行。

 

刃の方向を縦に変える。

 

 

 

 

右足を後方に大きく引きながら、

 

上半身は深い左半身にし、

 

剣を前から下後ろに腕回し技の要領で大きく回し、

 

上段に構える。

 

 

 

 

左足を引き、正眼に構える。

 

 

 

 

左足を前に戻し、

 

剣を仕舞い、最初の姿勢に戻る。

 

軽く礼をする。

 

 

 

 

 

 

今日修正していただいた点は、

礼のとき、しっかり前に氣を向け、

目線がうろうろしないこと。

 

 

 

 

方向を変えるときの剣の通り道、

手首を柔らかく保ち、

必ず頭上を通って剣を振り下ろす事。

 

 

 

 

ポイントは手首!

 

左手の小指と薬指だけで抦を握り、

後の指はフワーと添えるだけ。

 

 

 

 

そうすると、手首を柔らかく使って剣を扱える。

 

 

 

 

手首を柔らかく方向転換する稽古を積む。

 

 

 

 

もう一つはやはり、 

 

身体の方向に100%心身を向ける

八方技であること。

 

 

 

 

 

 

杖技1

 

 

 

左手で杖を持つ。

手のひら側を前に向けて持ち、

杖を脇に挟む形で、統一体で立つ。

 

 

目線をしっかり前に向け、浅く礼をする。

 

 

 

 

左足を前に出しながら、

上方にあった杖の先を、左足の少し前の床に立てる。

 

音はたてない。

 

 

 

 

左手を持ちやすい位置に変え、

杖を構える。

 

 

杖の延長線上が相手の眉間を差す。

 

 

 

 

常に号令が先行する。

 

「1」で左足を前に大きく出しながら、

 杖を回しながら前に突いていく。

 

右手の示指は左の手のひらの中に捻り入っていく。

 

 

 

 

突いたらすぐに右方向に移動し、杖を頭上に構える。

 

前方が低くなるようにする。

 

 

 

 

静止し、「2」で、

 

杖を大きく弧を描くように動かし、号令1同様に突く。

 

 

 

 

「3」で右手を杖の中程まで移動させ、

杖を持ち変え、右足を出して左横面を打つ。

 

 

 

 

「4」では杖の先をそこに置いたまま、

左足を出し右横面を打つ。

 

 

 

 

「5」左手を杖の先に移動し、

腰を正面に向けて、相手の膝辺りを突く。

 

 

 

 

「6」大きく右足で前方に飛び、「1」の形をとる。

 

このとき、勢い良く前に出ること。

静止!

 

 

 

 

「7」「8」は「3」「4」と同じ。

 

 

 

 

「9」はくるっと反対を向いて、

杖で剣を上から下へ叩き落とす。

 

 

 

 

「10」右足を大きく前に出し、

杖で相手の鳩尾を突く。

 

 

 

 

「11」左足を出し、相手の右横面を打つ。

 

 

 

 

「12」は杖を持ち変えて「1」の構え。

 

 

 

 

「13」右手を杖の中ほどに移動させ、

杖を持ち変え、振り下ろす、

 

 

 

 

後方に飛びながら後ろの敵を突く。

静止!

 

 

 

 

「14」左足を前に出し、杖を下から払い上げ、

 

 

 

 

「15」前に出ながら前方を突く。

 

 

 

 

「16」は「1」の構え

 

 

 

 

「17」右手を杖の中程まで移動させ、後方に飛びながら杖を下真下に打ち下ろす。

 

 

 

 

杖は床と平行にする。

右足前にして膝を折る。

杖を後ろに突くとき、右足を引く。

静止!

 

 

 

 

「18」左足を出しながら、杖を下から払い上げ、左足を前に踏み出す。

 

 

 

 

「19」左足を前に進めながら、相手の膝を突く。

 

 

 

 

「20」杖を持ち変え「1」のように左足を出しながら、前に突いてから杖を後ろに突く。

 

 

 

 

「21」左足を下げ、杖を下から剣を払い上げる。

 

 

 

 

「22」杖を持ち変え、右足を少し出し、前に突き、杖を持ち変え、

 

 

 

 

号令が先行し、

「いちっ」の構え。静止!

 

 

 

 

杖を仕舞い、礼!

最後まで氣を途切れさせない。

 

 

 

 

はじめの立ち位置に戻らなければいけない。

 

 

 

 

杖技の今日のポイントは、まず号令のかけ方。

 

 

 

 

1、

2、

3 4 5 6、

7 8 9 10 11 12 13、

14 15 16 17、

18 19 20 21 22と各々をひと区切りに、

 

 

 

 

流れを大切に、号令が覆い被さるようにかけていく。

 

 

 

 

号令が先行し続いて動作する。

 

 

 

 

一動作を細に亘り、丁寧に修正、ご指導していただきました。

 

 

 

 

剣も杖も、ひとつひとつの動作を正確に、

 

 

 

 

何度も何度も繰り返し稽古して、身体に染みこませて、流れるようにできていきます。

 

 

 

 

初段審査は通過点ですが、まずはそこに向かって精進していきます。

 

 

 

 

初段審査基準の技、

横面打ち五種

片手取り五種

後ろ手首取り五種

短刀取り五種

の受けを取らせていただきました。

 

 

 

 

臍下の一点を常に保っていないと、息は乱れ、ふらついてしまいます。

 

 

 

 

受けが上手く取れると、投げも上手くなっている、

 

 

 

 

といつも寺崎師範はおっしゃられています。

 

 

 

 

その為には1000回受けをとれ!と。

稽古を継続します。

 

 

 

 

今日は貴重なお時間をいただき、丁寧なご指導、ありがとうございました🙇

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場

助教  石井ひろ子

 

2020/02/09 23:54

「基本を、正しく何回も繰り返す」 剣・杖 特別稽古二回目 新長田総合庁舎 生活創造センター スタジオ 2/8.2019

「基本を、正しく何回も繰り返す」 剣・杖、特別稽古2回目    新長田総合庁舎生活創造センタースタジオA・B   2/8.2019  9:30~12:00

IMG_20200211_205457.jpg

IMG_20200211_204928.jpg

 

日々の稽古

 

 

「基本を、正しく何回も繰り返す」

 

剣・杖 特別稽古2回目

新長田総合庁舎

生活創造センター

スタジオA・B  9:30~12:00

 

 

 

剣・杖を持つのが初めての会員さんがおりましたので、再度基本から学びました。

 

 

 

 

剣技では、剣の持ち方、正眼の構え、上段の構え、剣技1の号令1まで。

 

 

 

 

杖技では、杖の持ち方、構え方、杖技1の号令1までをご指導いただきました。

 

 

 

 

何故、剣技や杖技を学ぶのか?

 

 

 

 

それは、日常で氣を途切れさせないためと、

日常において、ものを持ったときに、そこにまで、氣を通わせる事を身につけるためです。

 

 

 

それを剣・杖を使って学びます。

 

 

 

 

剣は木刀です。

 

 

 

 

「きがたな」を氣型と、とらえます。

 

 

 

 

剣は、最も氣が出やすい形状です。

 

 

 

 

稽古内容

 

 

統一体での剣の持ち方

 

 

まず、統一体で立つ。

左手で剣の刃の部分に触れないように、剣を持つ。

 

 

 

 

この時、剣が床とほぼ平行になるように位置する。

 

 

 

 

次に、右手で柄の部分を持ち、右足を軽く前に出すと同時に、剣を正眼に構える。

 

 

 

 

剣先の延長線上が相手の眉間を差す高さにする。

 

 

 

 

統一体で構えると切っ先がピタリと、静止する。

 

 

 

 

構えたとき、剣先が揺れた分だけ、氣の緩みとみる。

 

 

 

 

正眼に構えたら、統一体が崩れていないか?氣のテストをします。

 

 

 

テストする人が、その剣を押しても、引いても、統一体が崩れない。

 

 

 

次に、剣をそうっと抜き、再び戻す。

 

 

 

 

ここでも、戻したとき剣先が揺れない。

揺れた分だけ統一体が崩れている。

 

 

 

 

統一体で構えると切っ先がピタリと、静止する。

 

 

 

 

次に上段に構える。

 

 

 

 

上半身の力を抜き、重みを肘に置いて、柄を握った手は拳一つあけて、額辺りに来るくらいの高さにする。

 

 

 

 

氣を出し「イチッ!」号令が先行し、前傾姿勢で剣を振り下ろす。

 

 

 

 

仙骨を立て、腕が伸びすぎないようにする。

へっぴり腰では統一体が崩れている。

 

 

 

 

この時、左手の小指と薬指で、剣の柄の先を握ることが大事。

 

 

 

 

あとの指は添えるだけで、強く握らない。

 

 

 

 

上段に構えた剣を上から下に振り下ろすとき、一旦剣を握る左手をゆるめ、下で再び持つ。

 

 

 

 

そうすると、力を抜いて剣の重みで振り下ろすことができる。

 

 

 

 

二人組になり、「イチッ!」の状態の剣先を、他の一人が軽く持ち、押す、引く。

 

 

 

 

統一体が崩れると、入り込まれる。

常に、臍下の一点に心を静め、氣を出す。

 

 

 

 

統一体での杖の持ち方

 

 

左手の、掌側を前に向けて杖を持ち、脇に挟む形で、統一体で立つ。

 

 

 

 

左足を前に出しながら、上方にあった杖の先を左足の少し前の床に立てる。

 

 

 

 

音はたてない。

 

 

 

 

左手を持ちやすい位置に変え、杖の、もう片方を右手で持ち、構えの姿勢になる。

 

 

 

 

杖の場合は、右手の小指と薬指で杖の端を持つ。あとの指は、杖を支えているだけである。

 

 

 

 

ここで、再び二人組になり、統一体で持てているかを確かめる。

構えた杖を押しても引いてもびくともしない。

 

 

 

 

押されたり、引っ張られて、姿勢が崩れたりするようでは、統一体ができていない。

 

 

 

 

常に号令が先行する。

 

 

 

 

「いちっ!」で左足を前に大きく出しながら、杖をねじり込むように回しながら前に、臍下の一点から突いていく。

 

 

 

 

右手の示指は左の手のひらの中に捻り入っていく。

臍が前を向く位、腰を捻り、氣を前に出す。

 

 

小指と薬指は臍下の一点と繋がっているので、その状態で左手を放し、右手だけで持っても杖先が揺れない。

 

 

 

 

右方向に移動し、杖を頭上に構える。

 

 

 

 

杖の構えは、膝を柔らかく、前方が低くなるようにする。

 

 

 

 

このときの型の原理、また何故、右方向に移動するのかを、前に剣を構えた人の動きを交えて教示していただきました。

 

 

 

 

親切でご丁寧なご指導、ありがとうございました🙇

感謝します。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

助教  石井ひろ子