2024-06-17 04:19:00

" あんた、なんのために生きてんのや。よう考えや "

今朝も目覚めることができた。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『あんた、なん の ため に いきて ん のや。よう かんがえ や』

 

 

 

 

 

地球上に存在する以上、

 

地球を構成するために

 

必要なものだ。

 

 

 

もっと言えば、

 

 

 

今ここに存在する以上、

 

宇宙を構成するために

 

必要なものだ。

 

 

 

 

 

存在する

 

全てのものは

 

必然として

 

存在しているのです。

 

 

 

太陽も水も空氣も

 

砂も石も草も木も

 

虫も動物も。

 

 

 

そして

 

私達人間も。

 

 

 

 

 

従って、

 

存在するからには

 

何かしら、

 

役割があるはずだ。

 

 

 

役割。

 

存在する意味。

 

 

 

 

 

存在する

 

値打ちがなくなれば、

 

もういらなくなる。

 

 

 

命あるものは

 

死ぬということだ。

 

 

 

 

 

存在するからには

 

責務があるはずだ。

 

 

 

せっかく

 

人間として

 

生まれてきたのに、

 

それを考えようともしない。

 

 

 

バカもいる。

 

自分のことしか

 

考えることができない

 

大バカものだ。

 

 

 

自分のことは

 

可愛くて可愛くて

 

しかたがない。

 

 

 

でも

 

自分で自分を守れない。

 

 

 

強くなりたくて

 

仕方がない。

 

 

 

でも

 

強くなれない。

 

 

 

 

 

あんたな、よう考えや。

 

 

 

 

 

この世に

 

存在する値打ちを。

 

 

 

責務をよう考えや。

 

 

 

それは

 

世のためになることや。

 

人のためになることや。

 

 

 

それが

 

できるようになったら、

 

あんたの願いは

 

叶えられるわ。

 

 

 

まあ、

 

せいぜい

 

生きてるうちに

 

やることやな。

 

 

 

 

 

自分のことには

 

人は力を

 

あまり出せないのや。

 

 

 

でもな、

 

人のためやったら、

 

ゴジラ並みのパワーが

 

出せるのや。

 

 

 

それが人間なんや。

 

 

ついでにな、

 

私も遠い昔は

 

大バカものやったんや。

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

道場長 拝

2024-06-14 04:33:00

" それも自分の人生の一部なのだ "

今朝も目覚めることができた。

 

ありがとう

 

 

 

 

 『それ も じぶん の じんせい の いちぶ なの だ』

 

 

 

 

自分の思いや願い通りに

 

完璧に人生を全うする

 

ことができる人なんていない。

 

 

 

思い通りにいかなくて

 

苦しんだり、

 

辛い思いをしたり、

 

失敗したり、

 

絶望したり、

 

打ちのめされたり、

 

かっこが悪かったり、

 

負けたり、

 

誹謗中傷されたり、

 

人間関係が

 

上手くいかなかったり、

 

人に誤解されたり、

 

失望したり、

 

生きていたら色々ある。

 

 

 

 

 納得いかないことも、

 

自分に非があると

 

思えないことも、

 

 

 

 

 

そのような

 

ありとあらゆることも

 

全部、

 

現実のものとして

 

しっかり受け止めよう。

 

 

 

 

 

「それも我が人生の大切な一部なんだ」

 

 

 

「生きているとはそういうことなんだ」

 

 

 

 

そう理解して、

 

心に固く誓って、

 

笑いとばして、

 

平然と受け止める

 

大きな心の器を持とう。

 

 

 

 

大切なことは、

 

その出来事によって、

 

次にどう行動するかだ。

 

 

 

辛いからと言って

 

嘆いても何も変わらない。

 

 

 

それで全てが

 

終わってしまうことなどない。

 

 

 

見方、捉え方を変えて、

 

その経験を活かして

 

次に進もう。

 

 

 

今がいつも出発点だ。

 

 

 

 

 

これは

 

子育てにも

 

同じことが言える。

 

 

 

親は、

 

子どもを

 

深く思いやり、

 

 

 

苦労をさせず、

 

望むように生きさせ、

 

幸せな人生を

 

歩ませたいと願う。

 

 

 

親なら誰でも、

 

そう願う。

 

 

 

しかし、それは

 

「親の欲望であり願望」

 

であることと

 

理解することが重要だ。

 

 

 

過度な習い事をさせるのも、

 

どうだろうか。

 

 

 

親が自らの欲望を認識し、

 

その欲望に

 

振り回されてはいけない。

 

 

 

 

親が子どもを

 

甘やかし、

 

苦労をさせないように

 

しすぎると、

 

 

 

わがままな子、

 

甘える子、

 

ひ弱な子に育つ。

 

 

 

 

我が子であろうと、

 

人は完璧な人生を

 

送ることはできない

 

ことを認識し、

 

 

 

成長には

 

苦難や失敗、

 

恥や、挫折、

 

負けや苦しい経験が

 

絶対に不可欠であることを

 

心にしっかりと

 

留めておくべきだ。

 

 

 

嫌なことも

 

辛いことも、

 

 

 

何もかも全部、

 

そこから学ぶために

 

天地大自然が

 

与えてくださった

 

貴重な出来事なのだ。

 

 

 

そういう

 

心の稽古を

 

日頃からしておく。

 

 

 

その心の稽古は、

 

やがて自分の潜在意識に

 

深く浸透していき、

 

人を強くするのだ。

 

 

 

そういう稽古を

 

いっぱい

 

してきた人は、

 

他人にも

 

優しくなれるのだ。

 

 

 

そういう中心軸を持とう。

 

 

 

「それがどうした」

 

「それくらいのことでへこたれないわ」

 

 

 

誰にも負けない

 

真の心の強さを

 

磨いてゆかねばいけない。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

道場長 拝

2024-06-13 04:10:00

" だからこそ真理なのだ "

今朝も目覚めることができた。

 

ありがとう。

 

 

 

『だからこそ しんり なのだ』

 

 

 

身体の使い方が

 

極端に不器用な人がいる。

 

 

 

身体だけではなく

 

心の使い方まで

 

不器用な人もいる。

 

 

 

頭が固い。

 

 

 

心に柔軟性がないから、

 

 

 

「左足を前に出して左手を挙げて」

 

そう伝えても、

 

それができない。

 

 

 

こんな人見たことがない。

 

とてもひどい。

 

 

 

そんな人が

 

道場に入門してくる。

 

 

 

それでも

 

根氣強く教える。

 

 

 

「大丈夫。できますよ」と

 

励ましながら指導する。

 

 

 

 

 

やがて半年が過ぎた頃、

 

自分の心に

 

柔軟性がないことに

 

本人が氣付く。

 

 

 

身体の全ての部分に

 

ずっと力みが

 

あったことに氣付く。

 

 

 

力を抜くことの

 

重要性を

 

人生で初めて理解できた。

 

 

 

地球の表面に

 

存在する

 

全ての物体は、

 

重力の影響を

 

受け続けている。

 

 

 

だから

 

それに逆らってはいけない。

 

 

 

それに逆らって

 

生きてきたから、

 

 

 

身体のあちこちが

 

故障する。

 

 

 

当然のことだ。

 

 

 

それは

 

重力に逆らっては

 

生きていけないという

 

" 天地大自然の理 "だ。

 

 

 

その理通りに

 

身体を動かすことを

 

知って初めて

 

それを理解できる。

 

 

 

" 天地大自然の理 "とは

 

「身体の全ての部分の重みをその最下部に置く」ことだ。

 

 

 

それを落ち着きという。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

道場長 拝

2024-06-12 04:09:00

" 寄席と合氣道 "

今朝も目覚めることができた。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『よせ と あいきどう』

 

 

 

 

 

久しぶりに寄席に行って

 

大笑いしてきた。

 

 

 

大笑いするだけでも

 

健康に良いのだが、

 

どうせ行くなら

 

学びたいものだ。

 

 

 

学ぶといっても

 

落語家になろうとは

 

一切思っていない。

 

 

 

噺家さんの

 

表情や、声の抑揚であるとか、

 

物の例え方、

 

さらに

 

座り方、立ち方など

 

 

 

立ち居振る舞いや、

 

一挙手一投足まで

 

しっかり見て学ぶのだ。

 

 

 

 

 

寄席や落語という

 

世界に精通してない

 

私が言うのは

 

僭越ではあるが、

 

 

 

上手な噺家さんは

 

登場人物に

 

なりきっている。

 

 

 

 

 

登場人物が

 

酒を飲む場面では、

 

 

 

本当にベロベロに

 

酔っ払っているかのように

 

演じることができるのだ。

 

 

 

 

 

また

 

その日のネタは

 

前もって

 

決めていないらしい。

 

 

 

その会場に

 

何人位の人が

 

入っているのか?

 

 

 

男女の比率は?

 

若いか?年配か?

 

 

 

などを見てから、

 

その日にふさわしい

 

ネタを披露するらしいのだ。

 

 

 

 

 

なんて高度な

 

技術なのだろう。

 

 

 

それができるのは、

 

やはり日々の稽古の

 

積み重ねがあるからこそ

 

なのではないだろうか。

 

 

 

 

 

そういう意味では

 

合氣道の指導にも

 

よく似ていると

 

私は思います。

 

 

 

「今日の稽古は何をしようか」

 

稽古時間前には

 

とりあえずは考えます。

 

 

 

しかし、

 

その通りに稽古をできるか、

 

どうかはわかりません。

 

 

 

 

 

お弟子さんの

 

継続年数や級、段位、

 

年齢、男女比率、

 

子ども、大人、親子。

 

 

 

 

 

その日、

 

道場にきた

 

お弟子さんに

 

合わせた稽古内容に

 

しないといけない。

 

 

 

それには

 

予定外の稽古内容を

 

その場で考え、

 

 

 

正しく

 

その技やその姿勢の

 

意味や理合いなどを

 

正しく

 

指導できねば

 

師範は務まらない。

 

 

 

 

 

そのために

 

日々

 

誰よりも

 

稽古するのが

 

師範というものだ。

 

 

 

それを怠る

 

指導者には

 

何の魅力もないばかりか、

 

 

 

お弟子さんが

 

「いい迷惑」なのだ。

 

 

 

 

 

優れた師範の

 

頭の引き出しには、

 

 

 

数千、数万の

 

「生の引き出し」が

 

常時設置されているのだ。

 

 

 

生モノは

 

放っておいたら腐る。

 

 

 

 

 

その鮮度を

 

保つためには、

 

 

 

毎日

 

火を通して、

 

冷ましてから

 

頭の引き出しに

 

収納しなければいけない。

 

 

 

それを

 

毎日欠かさずやるから、

 

 

 

より新鮮に

 

アップデートできるのだ。

 

 

 

それが優れた師範だ。

 

 

 

 

 

私が主宰する

 

合氣道寺崎道場の

 

指導者育成、

 

指導者集中稽古に

 

参加する指導者には、

 

 

 

事あるごとに、

 

この話をするから、

 

 

 

各々しっかりと

 

潜在意識の

 

奥深くまで

 

浸透していることだろう。

 

 

 

そう願っている。

 

 

 

この日の寄席も

 

多くの噺家さんから、

 

 

 

大いにあらためて

 

学ばせていただきました。

 

 

 

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

道場長拝

2024-06-11 04:23:00

" 目の前に表れるYの字 "

今朝も目覚めることが出来た。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『め の まえ に あらわれ る わい の じ』

 

 

 

 

 

歩み続ける道が

 

二手に分かれた。

 

 

 

人生には、

 

時々目の前に

 

「Yの字」が表れる。

 

 

 

 

 

片方は

 

「安全」と書かれた

 

危険も失敗もない道。

 

 

 

もう片方は

 

行き先に大きく

 

「危険あり」と書かれた

 

危険も失敗もありうる、

 

険しそうな道だ。

 

 

 

誰でも安全な道を

 

選びたくなる。

 

 

 

安全なんだから。

 

 

 

あなたなら

 

どちらを選びますか。

 

 

 

どちらも実在する

 

正しい道だ。

 

 

 

自分が好きな方を選べる。

 

 

 

 

 

私は

 

迷ったり、

 

困ったりした時は

 

「危険あり」と

 

書かれた道を選ぶ。

 

 

 

 

 

これまでの経験から、

 

「安全」と書かれた道は

 

とんでもない迷路の様な

 

道だったからだ。

 

 

 

 

 

「危険あり」の道は、

 

もしかしたら

 

遠回りになるかもしれない。

 

 

 

たぶん時間も

 

それなりにかかるのだろう。

 

 

 

少々疲れる

 

道なのかもしれない。

 

 

 

 

 

しかし、

 

私の過去の

 

人生において

 

経験し、

 

学ばせていただいた

 

ことから、

 

 

 

その道が

 

確実に目的に達する

 

ことのできる

 

実は近道で

 

あることが分かった。

 

 

 

一方で

 

「安全」と書かれた

 

道を歩めば、

 

不思議とまた

 

Yの字が表れる。

 

 

 

氣が付けば

 

何度も同じ道を

 

歩んでいるのだ。

 

 

 

永遠に

 

目的地には

 

辿り着けない、

 

「地獄のような道」だった。

 

 

 

 

 

苦労、困難というが、

 

それを

 

苦労とも困難とも

 

思わなければ、

 

 

 

自分にとって

 

苦労ではなくなる。

 

 

 

 

 

確実に近道で

 

目的に達する道を

 

歩むのであるから、

 

 

 

それは

 

苦労や困難には

 

ならない。

 

 

 

むしろ、

 

苦労や困難は

 

ありがたいことだ。

 

 

 

天地大自然からのお便りだ。

 

 

 

素直に感謝して

 

それを受け取るのだ。

 

 

 

 

 

そして、

 

その道を離れない。

 

 

 

その道こそが

 

「天地の大道」であると

 

私は信じている。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

道場長 拝