2019/08/25 14:09

「どんなときも臍下の一点」金曜日 名谷南会館 氣と呼吸法教室 8/23 2019 文 助教 石井ひろ子

日々の稽古

「どんなときも臍下の一点」

金曜日 名谷南会館  氣と呼吸法教室

13:45~15:00

文 石井ひろ子

 

 

 

 

 

お盆休み明けの

 

 

 

 

 

呼吸法の教室です。

 

 

 

 

 

熱心な生徒さん達が、

 

 

 

 

 

変わらず来られていました。

 

 

 

 

 

今日は、

 

 

 

 

 

いつものお稽古と

 

 

 

 

 

ちょっと違います。

 

 

 

 

 

呼吸が、

 

 

 

 

 

体を一巡するのに、

 

 

 

 

 

22秒要する。

 

 

 

 

 

リラックスして息を吸うと毛細血管が開き、身体の隅々まで酸素が行き渡り、

 

 

 

 

そこで生じた老廃物や二酸化炭素を肺まで持ち帰ります。

 

 

 

 

その不要物を肺から吐き出す。

 

 

 

 

一度の

 

 

 

 

 

呼氣と吸氣で

 

 

 

 

 

44秒とすると

 

 

 

 

 

2回巡ることになる。

 

 

 

 

 

一回の

 

 

 

 

 

呼吸の長さが

 

 

 

 

 

長いほど、

 

 

 

 

 

何回も巡る

 

 

 

 

 

と言う話を

 

 

 

 

 

師範から学びました。

 

 

 

 

 

次に、

 

 

 

 

 

二人組になり、

 

 

 

 

 

相手の呼吸法の

 

 

 

 

 

呼氣と吸氣の時間を

 

 

 

 

 

計ります。

 

 

 

 

 

いつもは

 

 

 

 

 

ながーい呼吸法をされるYさん。

 

 

 

 

 

時間を測られていると

 

 

 

 

 

意識するだけで、

 

 

 

 

 

浅い呼吸に

 

 

 

 

 

なってしまいました。

 

 

 

 

 

どんな状況でも、

 

 

 

 

 

臍下の一点に

 

 

 

 

 

心を鎮め、

 

 

 

 

 

呼吸法ができるように

 

 

 

 

 

稽古を積んでいく

 

 

 

 

 

大切さを学びました。

 

 

 

 

本日の稽古内容

 

二人で呼吸法

 

静坐の統一

 

呼吸法30分

 

 

合氣道琴心館寺崎道場

助教 石井ひろ子