2019/08/04 23:55

「私を変えた鉄則の五原則」八月集中稽古 二日目 夜稽古 8/4 2019 文  助教 一ノ瀬 尚

「私を変えた鉄則の五原則」 

文  助教 一ノ瀬 尚

 

 

 

八月集中稽古 二日目 夜間17:00~20:00


 

 

 

稽古内容




合氣体操




転換運動




腕回し技



転換運動


 

 

前進後進技




後ろ手首取り三教~固める 
楷書~草書




後ろ手首取り呼吸投げ 草書





呼吸動作



統一の印



 

 

呼吸法



 

 

「今日の寺崎先生のお話」



 

 

藤平光一先生は、ご自身の生涯をおかけになられ、



 

 

人間が最高の能力を発揮するためには、




 

 

天地より与えられた心と身体を統一しなければならないと悟られ、



 

 

心身統一の四大原則を確立されました。



 

 

そして、「氣の原理」として、これを行えば、




 

 

誰もが天地の氣を遺憾なく使うことが出来ることを教えられました。




 

 

でも、これは観念のみ理解しても、日常に体得し、実行しなければ本当の力を生じない。



 

 

その為、藤平光一先生は誰しもが守らなければならない、





また実行しようと思えば、誰もが実行できる数々の日常の五原則を確立されました。




 

 

私たちは皆、それに基づいて努力しなければなりません。




 

そのなかでも、全ての人に必要なことであり、必ず実行しなくてはならない鉄則の五原則があります。




それは、「執務の五原則」




もし、この「執務の五原則」の価値をすぐに理解出来なかったとしても、最低でも一週間、実行していただきたい。



 

 

実行すれば、必ずこの五原則が役立つことが理解できるはずであります。



 

 

寺崎先生は私に、入門して一か月後に、この五原則を教えて下さいました。




 

 

それ以降、毎日欠かさず実行してます。




 

 

日常生活、仕事において仕事の効率化において、大変役立っています。




 

 

この五原則を理解して、実行するのとしないとでは、明らかに差がでることを確信しました。




 

 

私は生きてる間、少しでも多く寺崎先生の合氣道を習いたいし、先生とともにお稽古したい。




 

 

だから、時間というものを凄く大切にしています。




 

 

時間にルーズな人とは一切お付き合いしないと決めてます。




 

 

出会いは、縁。だから大切にしなければいけない。




 

 

何事を始めるにも決断が必要。




 

 

だから、時間を大切にしない人とは縁を切る決断が必要だと私は確信しています。



 

 

限られた時間の中で、普通だったら一か月かかるであろう仕事量も、




 

 

長くて一週間。二、三日でこなしたことも多々あります。





それは、この「執務の五原則」通り実行したから❗





私の仕事場にはこの「執務の五原則」が貼ってあります。




 

取引先のお客様から、「これはいいですね」と写真を撮ったり、メモをとられる方がいらっしゃいます。




 

こうした方は、効率の良い仕事、積極的な仕事の重要性をよく認識なさっておられる人です。




 

だから、この五原則の価値を、すぐにおわかりになるのだと思います。




「執務の五原則」

1.自分から仕事を見つける。

2.逐一メモをとる。

3.今やれることは、今やる。

4.寝る前に、明日の仕事の手順を考える。

5.朝起きたら、まずメモを見る。



1.自分から仕事を見つける

 

 

何事にも目標を持てという。

 

 

 

 

でもその目標も他人に言われたもの、他人が立てた目標では心からのやる氣など出ない。

 

 

 

 

自分の立てた自分の目標でなければ意味がない。

 

 

 

氣を出して自分から仕事を見つけよう❗

 

 

 

 

 

ただ何となく、会社に行ったり仕事をしていても、損をするのは会社ではなく貴方自身であることを知るべき。



 

 

2.逐一メモをとる

 

 

 

 

人間は忘れやすくできている。

 

 

 

 

 

どんなことでもメモをとる。またスマホなどのメモアプリなどを使用するのも良いと思います。

 

 

 

 

 

自身で、意志が弱いと思っている人はやるべき。

 

 

 

 

「何時に誰々さんとどこで会う」とか、「何時に呼吸法を何時間やる」とか



 

 

 

 

毎日書き込み、実行すれば赤線を引いたり、実行と書いたりするだけ。





毎日記されていると、やらざるを得なくなる。






何が終わってないか?一目瞭然❗






これは、物忘れ防止と意志強化です。






3.今やれることは、今やる



 

 

怠け癖があると、自分に甘くなり、今やろうと思えばやれるのに、やろうとしない。




 

機会というものは、一生に一度しかない。




 

 

「いま」の「ま」を発言したときは、「い」という字は過ぎさって帰ってこない。




 

それほど、時は貴重であり、全ての機会は一生に一度しか巡ってこない。





「今やれることは、今やる」しっかりと肝に銘ずるべき。




4.寝る前に、明日の仕事の手順を考える




夜寝ている間に、潜在意識が働き、思わぬ知恵が湧くことは良くあること。





睡眠時間を有効に使うには、明日やることを順序だてて計画し、




そのためにしなくてはならないことも、考えておく。





そして、天地に全てを任せ、ぐっすり眠る。





寝ている間に、潜在意識は思わぬ知恵を与えてくれ、





前夜考えたことよりも、素晴らしいことを思いつくことができる。






今日やることが決まっていれば、「よし❗やるぞ❗」と飛び起きることができる。




5.朝起きたらまずメモを見る




どんな些細なこともメモし、起床とともに読み返してみると、




その日の行動は決まってくる。




一日一日の人生の積み重ねが、自分自身の人生を大きく変えてゆく。





信用は実績で築き上げてゆくしかない。




この五原則を忠実に守れば、他人の信用を得るための指針となってくれる。





他人の信頼こそが、自分の成功への道を開いてくれる。





その全ての根底にあるのは、プラスの精神である。





人生において成功するには、自分自身を鍛えること。





寺崎先生




今日も一日、ありがとうございました。



また、明日も宜しくご指導下さい🥋


合氣道琴心館寺崎道場 
助教 一ノ瀬 尚