2019/06/20 06:54

「上達する人の共通点」水曜日 上沢教室 6/19 2019

1560994296743.jpg

 

 

 

 

子どもでも大人でも、しっかりと氣を出せる人と、少ししか氣が出せない人がいます。

 

 

 

少ししか氣を出せない人でも、氣を出す稽古を重ねる内に、しっかりと氣が出せるようになってきます。

 

 

 

しかし、上達する人を見ていると「ある共通点」があります。

 

 

 

この共通点は、稽古を重ねて上達する事とは少し違います。

 

 

 

結論から申し上げると、この共通点がない人は上達しません❗

 

 

 

ハッキリと言い切れます❗上達しない❗

 

 

 

その共通点とは「素直さ」です。

 

 

 

先生という字は「先に生まれる」と書きます。

 

 

 

先生、指導者にも色々います。

 

 

 

そこは見極める能力が必要です。

 

 

 

どの分野でも先生とは、学ぶ者より知識、経験は豊富です。

 

 

 

「この先生なら」と思える先生なら素直に学ぶことです。

 

 

 

学ぶ者の心得として、まず素直でなければいけません。

 

 

 

上達しようとするなら、早くそれに氣付くべきです。

 

 

 

自分では「私は素直だ」と思っていても、氣づかぬうちに、言葉や態度に出てきます。

 

 

 

何故なら、「心が身体を動かす」からです。

 

 

 

大人でも子どもでも、弟子は師範の真似をします。

 

 

 

技一つでも、師範の動き通りに身体を動かそうとします。

 

 

 

そこに、「素直さ」が身体を通して出てきます。

 

 

 

本当に素直な心の人は、師範に近い動きが出来ますが、そうでない人は全然違う動きになります。

 

 

 

少年部でも、私が驚くような動きが出来る子どもが数名います。

 

 

 

令和元年六月二十日現在で、

 

 

 

少年部で十級二名、七級一名。

 

 

 

大人で無級一名、三級一名の人が「素直な心」で稽古をしています。

 

 

 

このように決して高段者や、上級者ではありません。

 

 

 

この方々は、「素直な心」で稽古を重ねる限り、ますます上達するでしょう❗

 

 

 

 

 

 

水曜日 上沢教室 少年部 17:45~18:45

 

 

 

片手交差取り小手下ろし

 

 

 

胸突き小手下ろし

 

 

 

呼吸動作

 

 

 

大人の部 19:00~20:30

 

 

片手交差取り呼吸投げ

 

 

転換運動

 

 

 

統一体

 

 

 

立ち姿から静坐及び、静坐から立ち姿になる途中の統一

 

 

 

あぐら姿の統一

 

 

 

持ち上がらない身体

 

 

 

片手を前に出して統一

 

 

 

以上