2019/06/14 06:40

「人を教えるから上達する」集中稽古 一日目 6/13 2019

集中稽古 一日目 15:00~17:30

 

 

 

静坐法

 

集中法 拡大法

 

統一の印

 

 

一教技 前後技 八方技

 

 

正面打ちの打ち方

 

 

正面打ち一教 入身 転換

 

 

正面打ち小手下ろし

 

 

正面打ち切り返し

 

 

呼吸動作

 

 

 

正面打ち一教 入身

 

一教技の要領で下から手を振り上げる

 

相手の手刀は握らない

 

来た方向へ返す

 

真下に下ろす

 

臍下の一点と共に重心が下がり

 

前に移動する

 

相手構わず前に氣を向け、相手がうつ伏せになるまで前進

 

跪坐になり相手の手のひらを上に両膝、両手でしっかり相手の腕を伸ばし極める

 

 

 

ポイントは「いかに早く相手の懐に飛び込めるか」

 

 

師匠から何回も学んでいるが、容易ではない

 

 

 

相手の氣を受けてしまったら返せなくなる

 

 

 

相当、早く深く入り込まないと返せない

 

 

 

師匠から何度もお聞きした言葉

 

「合氣道はシンプルな技ほど難易度が高い」

 

 

「一番の上達法は教える立場に立つこと」

 

 

 

人を教えるということは容易なことではない

 

 

 

生半可な氣持ちなら辞めたほうが良い

 

 

 

何故なら、「心が身体を動かすから」

 

 

 

「教えを受ける人に迷惑になるから」

 

 

 

指導者を目指すなら「覚悟を決めろ❗」

 

 

 

と最初に師匠から教わりました

 

 

 

私は覚悟が決まっています

 

 

 

だから、師匠から一回教わったことは絶対に忘れない

 

 

 

そういう思考回路になっている

 

 

 

だから上達するのだと思います

 

 

 

全ては自分のため

 

 

 

人のためではない 

 

 

 

人に一生懸命教えてあげて

 

 

 

一番上達するのは自分

 

 

 

全ては自分の稽古だと

 

 

 

師匠に最初に教わりました

 

 

 

二時間半の内容の濃い稽古でした

 

 

 

その後、「今日の反省会、明日からの稽古方針の会議」

 

 

という名目で横浜中華街へと向かい

 

 

 

大笑いあり

 

 

 

涙あり

 

 

 

満腹

 

 

 

 

ほろ酔い

 

 

 

 

の初日が終わりました。

 

 

 

ありがとうございました

 

 

寺崎道場 門弟子  一ノ瀬 尚

 

 

 

 p298.jpg 

 

IMG_20190614_081554.jpg