2019/05/20 18:59

氣と呼吸法「海と大自然の氣で明鏡止水の心境に」5/20 2019

藤沢市 辻堂 湘洋中学校前 8:00~9:30

 

昨日の天気予報では雨模様だったので、

今日のビーチでの呼吸法は、諦めていましたが、

朝は曇りがちながら、時々晴間も。

天地は私達に味方してくれた❗

 

夜には雨模様だよね。きっと。

「先生!今日の呼吸法は朝やりましょう!」

 

感謝の氣持ちで辻堂海岸へ

第二駐車場前や正面などより、比較的人が少ない

湘洋中学校前が今日の呼吸法のお稽古場。

 

波は弱いオンショアながら、それほど波の面も悪くなく胸~肩のまずまずのコンディション。

 

夜の呼吸法のほうが、まったりとして心地よい氣分になれるけど、

初夏の南よりの風が氣持ちいい❗

夏真っ盛りだと、この時間帯は避けたほうがいいかな。

でも、この時期の風は少し冷たく柔らかい。

 

天地は私達に全てを露呈してくれている、私達はこの中でしか生きていけない。

「私達は天地に生かされてる。

だから毎日、天地に感謝しなければなりません」

先生から毎回そう教わっている。

 

呼吸法を開始して15分も経ってくると、だんだん心が静まってゆく❗

先生の手の合図の音。

私達の呼吸の音。

鳥の鳴き声。

波の音。

柔らかな風の音。

 

自分なりに心身統一体になっているのが分かる。

 

その頃の先生の呼吸はとにかく長くて深い。

先生に内緒で時々、

目を開けて先生の表情を見てみると、

何とも穏やかな表情で、

とても氣持ち良さそうに呼吸している。

 

軽く1分は超えてる。

でもまだ吸ってる❗

やはり師匠は凄い😃

 

1時間以上経ってくると、

地球の呼吸と

先生の呼吸と

私の呼吸がピタリと重なるような感じがする。

 

天地と一体になってる。

これが人間本来の姿か?

 

「明鏡止水の心境に」

明鏡止水 (めいきょうしすい) とは、邪念がなく澄みきって落ち着いた心の形容。

何のわだかまりもなく清らかで澄みきった心境のこと。

 

明鏡止水とは、心身統一のことだと私は思っている。

 

生きていたら、人それぞれ色々あるけど、

ほんの僅かな時間でも、心身を楽にしてあげよう!

僅かな時間でも、人間本来の姿になりましょう!

 

先生!今日もご指導ありがとうございました。

 

 寺崎道場 門弟子 一ノ瀬 尚

 

p1091.jpg