2019/05/19 22:52

氣と呼吸法「海と大自然の氣で天空海闊な呼吸法」5/19 2019

神奈川県 七里ヶ浜 18:00~20:00

 b81f8e6377c7a74eee87759ab9f32776_s.jpg

昨日5月18日に引き続き、

今日も日の入り少し遅めから七里ヶ浜で呼吸法をしました。

 

この少し遅めが良いんです❗

この時期のサンセットタイムは人が多く、

少し遅めなら比較的人も少なく、まったりと呼吸法が出来ます。

 

空の色の紫とオレンジが深くなる辺りから、

夜になる頃には心も静まり、深い呼吸になっていきます。

 

タイトル通り、「海と大自然の氣で天空海闊な呼吸法」となります。

 

天空海闊(てんくうかいかつ)とは

〝空と海が果てしなく広いように、心持ちが広くおおらかなことをいう〞とあります。

 

まさに無限小に心が静まっていき、広く深くおおらかな、とても心地よい氣持ちになっていきます。

 

拍子木がないので、先生の手の合図で1回の呼吸は1分以上続きますが、

全然苦しくありません❗

 

聞こえてくるのは、

私達の呼吸の音と、先生の手の合図と波の音

 

時々、波の音が大きくなり、騒がしくなりますが、

私達サーファーには、とても心地よい音なんですね❤️

打ち寄せる波には周期があり、

一定時間大きな波が4~6本打ち寄せます。

これをサーフィン用語で〝セット〞と呼びます。

 

これも連綿とゆく天地の法則ですよね💝

 

海は多くのことを私達に教えてくれました❗

 

常に浜に向かって打ち寄せる波は必ず、

沖又は浜沿いに向かって流れます。

 

沖に向かう流れを〝離岸流〞と呼び、

毎年、海水浴や初心者サーファーが流され命を落とす人も少なくありません。

 

上級者サーファーは、この流れに身を任せ沖に出ます❗

 

「合氣道とサーフィンは同じ」だとよく先生から教わりました。

 

 氣の流れと波の流れが全く同じなんですね❗

 

その流れに絶対に逆らってはいけない❗

 

それを実感出来るのが、呼吸動作であったり、

転換運動であったり、

統一体であったりします。

 

相手の氣とぶつかってしまうと、思うように身体を動かせない。

相手の氣の方向に自分の氣を合わせ、率先して動くとぶつかることなく身体を動かせます。

 

口で言うのは簡単ですが、これがとんでもなく難しいんですよね😅

 

先生がやると、いとも簡単そうに見えても私がやると「ガツンガツン」とぶつかっちゃう😱

 

明日も引き続き、

夜のビーチで呼吸法といきたいところですが、

明日は雨の予報なので無理かもしれない...

残念だな😭

 

傘さしてやるか?

レインコート着てやるか?

先生どうします?

「やらないに決まってんだろ!」とお答えになられますよね?

きっと!

 

海と大自然のなかでの呼吸法は、

私達が天地の一員であることを実感させられる。

「心身を統一し、天地と一体になることが我が修行の眼目である」

 

「尚!これが一番大切な稽古法だぞ」と

先生に教わりました。

 

寺崎道場 門弟子 一ノ瀬 尚

 

 IMG_20190519_201550.jpg