2024-05-28 06:43:00

" 千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす "

今朝も目覚めることが出来た。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『せんにち の けいこ を たん とし、まんにち の けいこ を れん とす』

 

 

 

 

 

剣豪 宮本武蔵の

 

極意書である

 

『五輪書(ごりんのしょ)』には

 

 

 

「鍛錬」という

 

重要なキーワードがある。

 

 

 

 

 

ここで言う鍛錬とは、

 

刀剣を作る際に

 

金属を打ち鍛えて

 

錬ることを指します。

 

 

 

 

 

名刀に仕上げるには、

 

いったい

 

どれほどの回数

 

打ち続けるのか。

 

 

 

 

 

武蔵は、

 

千日間の稽古を

 

重ねることで

 

技が身につき、

 

 

 

万日の稽古を

 

積むことで

 

更なる高みに

 

到達すると諭しています。

 

 

 

 

 

武道に限らず、

 

 

 

何事も深く習得し、

 

技術を身につけるためには、

 

 

 

経験を重ねるしか

 

方法はないと

 

説いているのです。

 

 

 

 

 

人が成長する上においても

 

「至要たる教え」

 

ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

道場長 拝

2024-05-27 07:09:00

" 継続と反復は相違なるもの "

今朝も目覚めることが出来た。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『けいぞく と はんぷく は そうい なるもの』

 

 

 

 

 

継続という言葉がある。

 

 

 

「継続は力なり」という。

 

 

 

物事を成就するためには

 

日々の正しい努力の

 

積み重ねが重要だ。

 

 

 

こうした一日一日が

 

幾重にも積み重なっていく。

 

 

 

 

 

このように

 

継続することで、

 

 

 

その人の

 

技術を伸ばし、

 

能力を育て、

 

人として成長していく。

 

 

 

 

 

ただ

 

勘違いしては

 

ならないことがある。

 

 

 

 

 

それは

 

日々、

 

何の反省もなく、

 

その日を顧みることもせずに、

 

 

 

ただ同じことを

 

繰り返していても

 

何の意味もない

 

ということです。

 

 

 

 

 

同じことの繰り返し、

 

いわゆる反復とは

 

大きく異なるのです。

 

 

 

継続と反復は

 

相違なるもの。

 

 

 

 

 

このままで良いのか?

 

 

 

何を改善しなければ

 

ならないのか?

 

 

 

今日の過ちを

 

今後起こさないために

 

どうすれば良いか。

 

 

 

今日の失敗は

 

何故そうなったのか。

 

 

 

 

 

しっかり考えて

 

今日より明日。

 

明日より明後日と、

 

 

 

ほんの数ミリでも

 

良くなるよう努力する。

 

 

 

僅かでも

 

改善点を見つけ出し、

 

創意工夫する。

 

 

 

 

 

たとえ

 

僅かな一歩でも前進する。

 

 

 

 

 

慣れたことをなぞらず。

 

 

 

そういうことの

 

積み重ねを

 

「継続」

 

というのでありまする。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

道場長 拝

2024-05-24 07:26:00

" ご縁尊し "

今朝も目覚めることが出来た。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『ごえん たっとし』

 

 

 

 

 

存在するご縁。

 

 

 

子どもと言うと、

 

「あの子は私の子どもだ」と

 

 

 

親はよく言うけど、

 

実際、その子とのつながりを

 

考えてみると、

 

あらためて思うことがある。

 

 

 

 

 

それは

 

「その子の宝物は何一つ、親が作ったものではない」

 

ということだ。

 

 

 

 

 

すべての人にとって、

 

最も大切なことは

 

生きること。

 

 

 

その生きるために

 

必要な道具がたくさんある。

 

 

 

目、耳、鼻、口、

 

手、足、心臓、肺、

 

神経、血管、胃腸など、

 

 

 

どれを取っても

 

親が設計して組み立て、

 

作ったものはない。

 

 

 

 

 

身体全体の

 

素晴らしい設計、

 

組み立て、

 

運営。

 

 

 

 

 

全てが

 

親の氣づかない間に

 

行われていた。

 

 

 

 

 

だとしたら、

 

自分と子どもの関係は

 

ご縁だけであり、

 

 

 

生まれる際に

 

果たすべき役割が

 

親にあっただけ

 

ではないのかと思う。

 

 

 

 

 

全ての設計、

 

材料集め、

 

組み立ては、

 

 

 

本当の親である

 

天地大自然が行ったこと。

 

 

 

その時の

 

道具の一部として

 

果たすご縁。

 

 

 

これが

 

親子の結びつきである。

 

 

 

 

 

だから

 

わが子といえども

 

親の好き勝手にはできない。

 

 

 

 

 

ご縁こそが自分のもの。

 

 

 

 

 

子どもは

 

天地大自然の子で

 

あることがわかる。

 

 

 

自分自身も

 

天地大自然の子。

 

 

 

自分の子どもも

 

天地大自然の子。

 

 

 

同様に、

 

世界中の全ての人々、

 

全てのものも、

 

 

 

皆、

 

天地大自然を

 

親として

 

生まれてきた。

 

 

 

 

 

人間とこの世に存在する

 

森羅万象は

 

一切合切

 

ご縁だけのもの。

 

 

 

 

 

親子、夫婦、

 

師弟、友人。

 

 

 

 

 

全てのご縁だけが

 

自分のものなのですね。

 

 

 

 

 

その全ての

 

ご縁に

 

感謝して、

 

 

 

 

 

今日も一日ご縁尊し。

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

道場長 拝

2024-05-23 06:42:00

" 『修証一如』日常の心のあり方でその道の深浅が出る "

今朝も目覚めることが出来た。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『しゅしょういちにょ』にちじょうの こころの ありかたで そのみちの しんせんが でる

 

 

 

 

 

「修証一如(しゅしょういちにょ)」

 

という言葉がある。

 

 

 

修行と悟りは

 

一つのものという意味だ。

 

 

 

修行を重ねることで

 

悟りができる。

 

 

 

しかし、

 

悟ったといえども

 

修行を怠れば本末転倒だ。

 

 

 

 

 

努力(修)と結果(証)は一緒。

 

 

 

努力することと、

 

その結果が

 

一体になっている。

 

 

 

 

 

毎日、

 

近くの道端に落ちている

 

タバコの吸い殻を拾う。

 

 

 

ついでに空き缶や

 

ペットボトルもプラ袋も拾う。

 

 

 

ごみを拾うと

 

道がきれいになる。

 

 

 

その道を歩く人は

 

氣持ちが良い。

 

 

 

 

 

「修証一如」とは

 

それだけではない。

 

 

 

 

 

ごみを拾う人は

 

拾いながら、

 

ごみを捨てない人に

 

なっているということだ。

 

 

 

 

 

「拾ってもどうせまた誰かが捨てるんだよ。だから拾っても無駄なことだよ」

 

 

 

いたちごっこであり、

 

堂々巡りだ、

 

無益なことだと、

 

ごみを拾うことを

 

そうとらえる人も

 

いるかもしれない。

 

 

 

 

 

しかし、

 

そう考えるなら

 

 

 

「腹がへっても何も食べるな。食うのをやめておけ」となる。

 

 

 

「なぜって?食べてもどうせまた腹がへるんだろう?無駄だからやめとけ」

 

ということになる。

 

 

 

 

 

合氣道には

 

心身一如とか、

 

不動心を養うとか、

 

いろんな修行の言葉があるが、

 

 

 

どれもみな

 

日常の心のあり方によって、

 

その人の人格、技、

 

呼吸の深浅(しんせん)、

 

深いか浅いか、

 

高低、厚薄(こうはく)が

 

表れてくる。

 

 

 

 

 

道場で一生懸命に

 

努力して稽古した。

 

 

 

しかし

 

その結果、

 

進歩するのではない。

 

 

 

 

 

平生の

 

努力、

 

心の持ち方、

 

心がけ、

 

行いの中に

 

結果が入っているのだ。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

道場長 拝

2024-05-21 07:16:00

" 心が口についていけなかった "

今朝も目覚めることが出来た。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

『こころが くちに ついていけなかった』

 

 

 

 

 

「猿も木から落ちる」

 

「上手の手から水が漏れる」

 

という

 

ことわざがある。

 

 

 

 

 

慣れて油断することは

 

危険である

 

戒めの言葉だ。

 

 

 

同じことの繰り返しに

 

慣れると、

 

油断が生じ、

 

真実と誠意が

 

欠けてしまう可能性がある。

 

 

 

その先に

 

思わぬ破綻が

 

起こるかもしれない。

 

 

 

事を軽く考えることは

 

とても危険だ。

 

 

 

一つ一つに

 

心を込めること、

 

向き合うことが

 

大切であります。

 

 

 

 

 

人間の主体は

 

心であり、

 

人格であることを

 

忘れてはいけない。

 

 

 

 

 

心に真実を

 

築き上げることが、

 

自己を育てる道なのだ。

 

 

 

 

 

人は

 

ついその場しのぎの言葉を

 

発してしまうことがある。

 

 

 

その結果、

 

自らが追い込まれる

 

こともあります。

 

 

 

 

 

その場の勢いに任せて

 

誇大な約束をしてしまい、

 

 

 

その後

 

その約束を忘れてしまう。

 

 

 

 

 

これは

 

一見上手な世渡りに

 

見えるかもしれないが、

 

 

 

真実のないものは

 

必ず崩れる。

 

 

 

 

 

「そんなこと言ったっけ」

 

約束を忘れたふりをする、

 

 

 

悪意があったわけではない。

 

 

 

ただ、その場の勢い、

 

調子に乗りすぎて

 

思わぬ約束を

 

軽はずみにしてしまった

 

までのこと。

 

 

 

心が言動に

 

追いつけなかった

 

だけのことである。

 

 

 

 

 

但し、

 

それは自分一人の

 

過ちでは許されない。

 

 

 

他人に迷惑を

 

かけてしまう結果になる。

 

 

 

楽しみにして

 

当てにしていた

 

相手をがっかりさせ、

 

傷つけることになる。

 

 

 

 

 

そのような行動は、

 

最終的には

 

自分に

 

跳ね返ってくるのだ。

 

 

 

その罪は

 

人間関係に

 

亀裂を生じさせ、

 

 

 

大切な信用も

 

なくなる結果になる。

 

 

 

 

 

肝に銘じておかねば

 

なりませぬ。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

道場長 拝